ページの先頭です

このページの本文へ移動します

環境・CSREnviroment / Corporate Social Responsibility

ダイバーシティ

ダイバーシティ

ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ(以下、SGMO)では、多様な人材による多様な視点を活かし、組織の活性化および変化に強い組織づくりを行っています。社員一人ひとりが個性を活かしつつ、その能力を存分に発揮できる風土を醸成し、生産性の向上とモチベーションアップにつなげています。

また、社員の意識向上を目的に、年1回ソニーグループで実施しているダイバーシティメッセージ(人権標語)の募集は、多くの社員とその家族が参加し、人権意識の向上に役立っています。

女性の活躍推進

マネジメントの意識向上・職場風土の熟成

SGMOでは男女の区別なく、社員が活き活きと働ける職場環境づくりをめざしています。マネジメントは、定期的に女性の活躍推進をテーマに話し合い、育成を計画的に推進。社員一人ひとりの輝きを増すことで、組織活性化を図ります。

ダイバーシティへの理解を深めるマネジメントを対象とした講演会

見学者にわかりやすく説明する女性リーダー

女性社員のキャリア意識向上

女性社員の意識向上を目的に、ロールモデルや女性社員同士の交流、経営層との対話などを実施。このような場を通じて、自分のキャリアプランやワーク・ライフ・バランスのとれた働き方について考え、アクションプランを策定しています。

Women’s Networking Forumを各サイトで開催

キャリアプランを考えるワークショップの様子

推進体制

職場、ダイバーシティ推進室、女性の活躍推進プロジェクトの3つが連携し、活動を推進しています。

障がい者雇用促進

新規採用

ソニーグループ合同での採用イベントや公的機関を利用し、積極的な採用活動をしています。

障がい者への配慮

一人ひとりの状況に合わせた配慮を行うとともに、自立に向け計画的な育成を行っています。
また、障がい者受け入れのための職場での環境づくりとして、マネジメントおよび受け入れ担当者向けの研修を実施しています。

ソニー・太陽株式会社とのものづくりの連携

ソニーの特例子会社である、ソニー・太陽株式会社とものづくりの連携を行っています。
これにより、障がい者が働きやすい職場環境作りのノウハウを共有しています。

LGBTQへの取り組み

LGBTQ(※1)の社員が自分らしく働ける職場づくりを進めるため、個性が尊重される職場環境の整備を推進しています。具体的な取り組みとしては、行動規範や方針への明文化、相談窓口の設置などを行っています。

※1 LGBTQとは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexuality)、トランスジェンダー(Transgender)などの頭文字をとった多様なセクシュアリティーをもつ人々の総称として広く使われている表現です。

PRIDE指標でゴールド受賞(2020年度)

日本の企業内で「LGBTQ」の人々が自分らしく働ける職場づくりを進めるための情報を提供し、各企業が積極的に取り組むきっかけを提供することを目的とした任意団体「work with Pride(wwP)」は、PRIDE指標(※2)を発表しています。SGMOは、LGBTについての取り組みが評価され、2020年度に「ゴールド」を受賞しました。

※2 PRIDE指標とは、日本で初めてとなる「LGBTQ」に関する企業の取り組みの評価指標です。LGBTQの人々が誇りを持って働ける職場の実現をめざし、名称を「PRIDE指標」とし、獲得点数に応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズの各賞が企業・企業グループ・団体に贈呈されます。

wwP 2020年度「ゴールド」表彰状
PRIDE指標2020表彰式/フォトセッション
PAGE TOP