ページの先頭です

このページの本文へ移動します

INTERVIEWS

INDEX

プロジェクトの成功が
技術者としての自信に。

  • 生産技術 生産技術1部
    技術8課
  • ジョシア セティアワンJOSHIA SETIAWAN
  • 2015年入社

世界でも「かっこいい」と評判の
ソニー製品づくりに憧れて。

私は大学進学を機に、インドネシアから来日しました。インドネシアでは携帯電話、オーディオ機器、ゲーム機、ビデオカメラ、デジタルカメラに至るまでソニー製品に囲まれて育ち、ソニーならではの洗練されたデザインや高品質は世界でも評判でした。日本の企業に就職するなら「幼い頃からかっこいい!と憧れた製品の設計に関わりたい」と思ったのが、SGMOを選んだ決め手です。配属は希望職種と大きく変わらない上に、仕事を通じてグループ内外の企業との関わりも増え、予想以上のスキルアップができています!

諦めず、やり遂げて
信頼を得ることができた。

2年間の研修を受けた後、遠隔支援システムの開発担当に任命されました。これは生産現場でトラブルなどが発生したときに、技術者本人が出向くことなく、迅速に対応できる画期的なシステムです。しかし最先端技術のため前例がなく、教えてくれる先輩もおらず、自分でゼロから考えるという手探り状態。試行錯誤し、地道に課題を解決することで完成することができました。入社3年目の自分に期待して任せてくれ、仕事をやり遂げたことは、技術者として自信につながりました。

MESSAGE

文系・理系ともに豊富な職種があり
やりたい仕事がきっと見つかります。

SGMOは、設計から生産、カスタマーサービス、そして調達や物流、生産管理などの生産オペレーションまで、幅広い機能を持つ企業です。つまり文系・理系を問わず、豊富な職種があるということ。その中からきっと、自分がやりたい仕事が見つかると思います。もし明確にやりたい仕事があるなら、面接時に「これだけは譲れない」という意思をきちんと伝えてみてください。 また、エンジニア職は多忙なイメージがあるかもしれませんが、スケジュールの立て方を工夫し、効率よく働くことで、極力残業にならないようにしています。もちろん忙しい時もありますが、仕事にはメリハリが大事。平日でも十分な休みが取れれば、翌日に最大のアウトプットを出せます。働き方の自由度もSGMOの魅力ですね。

SCHEDULE

09:30
出社 メールを確認し、返信。出張精算等の事務処理を済ませておきます。
10:30
プロジェクト推進確認会 先週からの進捗をまとめて、次に着手する課題を選定。見つかった問題を共有し、必要な場合はスケジュールを調整。
11:30
調査 開発ツールを起動。次の機能を実装するにあたって、影響されそうな部分があるか調査します。
12:35
ランチ ランチがてら最近のニュースからおもしろいネタまで先輩や同僚とコミュニケーション。
13:20
コーディング ある程度、目標が見えたらひたすらコーディング。情報を検索して効率をアップしています。
18:30
退社 同僚と一緒に夕食を楽しみます。

OFF SHOT

旅行が大好きなので、休暇をフルに活用して日本各地へ出かけています。年末年始の長期休暇はもちろん、年に一度は1週間の有給休暇を取って遠出へ。この前はローカル線のみで九州まで行き、“乗り鉄”“撮り鉄”の旅をたっぷり楽しみました。お陰で最近は、母国インドネシアよりも日本の地理に詳しくなりました!

PAGE TOP