ページの先頭です

このページの本文へ移動します

INTERVIEWS

INDEX

自分がつくった設備が
製品を生み出すことに感動。
ものづくりっておもしろい!

  • 生産技術(設備開発) レンズセンター
    製造技術1部 技術4課
  • 前田 恵利MAEDA ERI
  • 2016年入社

「ミラーレス一眼カメラといえばソニー」。
家電量販店で買ったカメラが縁に。

入社のきっかけは、愛用のカメラです。カメラが趣味の私は「ミラーレス一眼カメラといえばソニー」という家電量販店の一押しでソニーのカメラを購入。それがSGMOが携わる製品だと知り、会社に興味を持ちました。もともと「ものづくりに関わる仕事をしたい」と考えており、SGMOは設計、生産技術、製造など多くの部署があって技術系の仕事が幅広く、「学生時代に学んだことを必ず生かせる場所がある」と思ったのも決め手です。入社1年目は生産技術でありながら、業務内容が大きく異なる3つの部署で研修を重ね、経験と人脈をはぐくむことができました。2年目からはカメラのレンズに携わるようになり、不思議な縁を感じています。

自分の仕事が、目の前で製品になる喜び!
入社2年目から海外出張も。

幸田サイトのレンズセンターに配属され、「カメラ用交換レンズ」の生産設備における、電気・ソフトウェア設計を担当しています。電気回路図やソフトウェアの作成だけでなく、完成した設備の動作を確認し、工場へ導入するまでが私たちの役割。設備の立ち上げのため、海外へ出張する機会もあります。生産設備をつくる上でのこだわりは「どうすれば生産現場の方々がもっと使いやすくなるのか」を常に考えること。思うように設備が動かず悩むこともありますが、自分が設計した設備が製品を生み出していく様子を見るとうれしくて、ものづくりのおもしろさをとても感じる瞬間です。

MESSAGE

技術系でも、女性が多い職場です。
「必要とされる人材」をめざせます!

技術系の職場は男性中心のイメージがあり、最初は不安でしたところが入社してみると今の部署は女性が多く、子育てと両立する先輩もたくさん。水・金曜の定時退社日やフレックスタイム制を活用して働く姿は、自分の励みになっています。SGMOに興味のある方は、ぜひソニー製品に詳しくなってください。製品の知識は必ず役に立ち、知って損はありません。実務ではさらに深い知識が必要となりますが、係内の勉強会や先輩のフォローのお陰で、ひとつずつできることが増えてきました。SGMOの育てる風土を生かし、「○○なら△△さんに任せよう」と必要とされる人材になるのが私の目標です!

SCHEDULE

08:30
出社/メールチェック 出社後すぐにメールチェック、業務内容の確認を行い、その日の段取りを考えます。
09:00
係ミーティング 業務内容の進捗、その日にやることを確認報告します。
10:00
電気図面の作成 設備の電気図面の作成を行います。設備の仕様を満たすように、部品を選定しながら設備の構成図や配線図を作成します。
11:35
ランチ 職場の仲間と一緒に、休憩所でランチ。
12:15
設備の動作確認 組み立てが終了した設備が、正しく動くか動作確認を行いながら、ソフトウェアを修正します。
17:30
退社 平日の夜は大好きなテレビ番組を見て、のんびり過ごします。

OFF SHOT

カメラが趣味の同期や友達と、季節に合った場所に行き、カメラ活動を楽しんでいます。また音楽も大好きなので、週末はフェスやライブへよく出かけます!一方、平日の夜は好きなテレビをひたすら見てリラックス。職場の先輩と休憩時にドラマの話で盛り上がるのがひそかな楽しみです。

PAGE TOP