新着情報 What's New

HOME > 新着情報 一覧 >女子ホッケー「さくらジャパン」が再び頂点に。4ヵ国いばらき国際大会で優勝!

2018年10月02日

女子ホッケー「さくらジャパン」が再び頂点に。4ヵ国いばらき国際大会で優勝!!

9月12日(水)から9月16日(月)にかけて、「SOMPO CUP 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会」が大阪府茨木市にて開催され、女子ホッケー日本代表チーム「さくらジャパン」が先日のアジア競技大会に続き、優勝を飾りました。
今大会ではソニー HC BRAVIA Ladiesから、一谷 奈歩選手、一谷 麻実選手、星 希巳加選手、佐々木 萌選手、清水 美並選手(さくらジャパン キャプテン)の5名が出場し、清水選手は大会MVPも受賞しました。

女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会優勝

笑顔輝く女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」の皆さん

SOMPO CUP 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会

この大会は女子ホッケー日本代表チーム「さくらジャパン」の2020年東京オリンピックでの活躍とメダル獲得をめざすために国内強化事業の一環として行われたもので、オーストラリア(世界ランク3位)、韓国(同10位)、アメリカ(同12位)、日本(同14位)の4ヵ国が出場しました。

決勝戦は、予選リーグ初戦で敗れたオーストラリアとの一戦となり、試合開始直後に先制点をあげたオーストラリアに対し、すぐさま同点に追いつくことに成功した日本は、第2クオーターで一谷(奈)選手のアシストから追加点を決め逆転。試合後半の相手の猛攻に耐え切り、優勝を決めました。

清水 美並選手からのコメント

清水 美並選手

「SOMPO CUP 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会」へ出場したさくらジャパンは、若手メンバーを中心にチームが構成されており、これまで日本代表として活動したことのない選手も多く招集されていました。
そのような中で、世界ランキング上位のチームと互角に戦い、優勝という結果を残せたことは、個人としてもチームとしても自信につながったと思います。

この経験を活かし、東京2020オリンピックに向けて、さらにレベルアップできるようにがんばりたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願いします。

女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦01 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦02
女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦03 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦04 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦05
女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦06 女子ホッケー4ヵ国いばらき国際大会対アメリカ戦07

(試合写真:予選リーグ vsアメリカ戦)

今大会の結果

●予選リーグ
試合日 対戦チーム スコア
9月12日 オーストラリア 0 - 2
9月13日 アメリカ 3 - 0
9月15日 韓国 4 - 0
●順位決定戦
試合日 対戦チーム スコア
9月16日:決勝 オーストラリア 2 - 1

ソニーHC BRAVIA Ladies さくらジャパンメンバーが稲沢市長、各務原市長へ優勝報告

またこのほど、BRAVIA Ladies所属のさくらジャパンメンバーが、本拠地としている稲沢市役所、各務原市役所を訪れ、両市長へアジア競技大会(ジャカルタ)での金メダル獲得を報告しました。

稲沢市長、各務原市長へ優勝報告01 稲沢市長、各務原市長へ優勝報告02

稲沢市長への報告のようす


選手・スタッフ紹介
選手紹介
スタッフ紹介