新着情報 What's New

HOME > 新着情報 一覧 >~大会4連覇を達成!~ 第77回全日本女子ホッケー選手権大会 優勝

2016年12月27日

~大会4連覇を達成!~ 第77回全日本女子ホッケー選手権大会 優勝

12月9日から18日にかけて開催された第77回全日本女子ホッケー選手権大会において、ソニーHC BRAVIA Ladiesが決勝戦で南都銀行SHOOTING STARSに1-0で勝利し、優勝を果たしました。BRAVIA Ladiesは、本大会4連覇を達成するとともに、今季の主要大会で2冠を収めました。

決勝戦となった12月18日には、岐阜県各務原市の試合会場に、たくさんの社員やそのご家族が応援に駆けつけ、BRAVIA Ladiesの皆さんに声援を送りました。全日本女子選手権の優勝と、今季の試合の振り返りについて、監督と選手のコメントを紹介します。

第77回全日本女子ホッケー選手権大会1

監督・選手からのコメント

 永井 祐司総監督

総監督 永井 祐司さん

今年はオリンピックイヤー。代表選手を多数抱えるBRAVIA Ladiesにとっては、大変光栄なことでしたが、国内大会に向けたチームづくりの面では、全員そろった練習時間の確保やコンディショニング調整等、非常に難しい状況でもありました。
しかしそれは日本の女子ホッケーを牽引してきたソニーにとっては使命であり、その様な状況の中でも、ハンディをはねのけて優勝することに真の価値があります。目標としていた2年連続の4冠獲得は達成できませんでしたが、日本リーグと全日本選手権大会の2タイトルの獲得は、真の王者の証なのだと思います。
山本監督以下、選手全員が社会人大会の敗戦から多くのことを学び、次の大会に向けて問題点を分析し、正しく軌道修正できたことが今回の勝因と言えます。リオデジャネイロオリンピックでは「さくらジャパン」、終了後にはBRAVIA Ladiesを、ソニーグループのたくさんの皆さまに応援をしてただき、言葉では言い尽くせないほど感謝しています。

山本 由佳理監督

監督 山本 由佳理さん

本大会では寒い中、会場へたくさんの方に応援に来ていただき、とても感謝しています。
今シーズン最後の大会を、優勝という結果で終えることができ、うれしい気持ちとともに、今まで支えていただいた方々と一緒に、ホームでの優勝の瞬間を味わえたことは、本当に良かったと思います。今年はなかなか結果を残せず、チームとして厳しい状態が続いていましたが、皆さんの応援・ご声援によって、この苦しい時期を全員で乗り越え、4冠とはなりませんでしたが、2冠を獲得できました。
今年もたくさんの会場に足を運んでいただき、ありがとうございました。引き続き、今後もご支援・ご声援を、よろしくお願いします。

林 なぎさ選手

No.2 林 なぎさ選手

今シーズン最後のタイトルをかけた全日本選手権。決勝で南都銀行1-0で競り勝ち、優勝することができました。応援団の皆さんとともに勝ち取った日本一!本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今シーズンはオリンピックの後、苦しい時期が続きましたが、誰一人諦めることなく、次は必ずと強く思い、厳しい練習もチームで乗り越えてきました。その甲斐あって、日本リーグ・全日本選手権と2つのタイトルを勝ち取ることができたことはチームにとって、とても価値のあるものです。
今シーズンを笑顔で締めくくることができ、とてもうれしいです。温かいご支援・ご声援、本当にありがとうございました。

早戸 沙希選手

No.7 小沢 菜々恵 選手

今年最後の大会、全日本選手権で優勝し、今年2つ目のタイトルを獲得することができました。
決勝戦は本当に一瞬たりとも気が抜けない試合展開が続き、苦しい時間帯もありましたが、最後まで全員が集中力を切らすことなく、仲間を信じて戦い抜けたことがこの結果に繋がったのだと思います。
また、決勝戦でたくさんの方々が会場で声援を送ってくださり、大きな力になりました。来シーズンはもっともっとレベルアップしたBRAVIA Ladiesをお見せできるようにがんばります。

第77回 全日本女子ホッケー選手権大会 フォトギャラリー

第77回全日本女子ホッケー選手権大会2 第77回全日本女子ホッケー選手権大会3
第77回全日本女子ホッケー選手権大会4 第77回全日本女子ホッケー選手権大会5
第77回全日本女子ホッケー選手権大会6

選手・スタッフ紹介
選手紹介
スタッフ紹介