新着情報 What's New

HOME > 新着情報 一覧 >リオオリンピック代表選手 合同記者会見を稲沢サイトで開催

2016年07月26日

リオオリンピック代表選手 合同記者会見を稲沢サイトで開催

7月5日(火)、ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」のメンバーとして、ソニーHC BRAVIA Ladiesから選出された監督、選手の記者会見が稲沢サイトで開催されました。当日は、テレビ局、新聞社などのマスコミ関係者約10名が出席。監督、代表選手は、オリンピック開会式で着用するスーツに身を包み、会見に臨みました。

ホッケー女子日本代表団は7月26日にリオへ向けて出発。8月7日(日)のインドとの初戦に備えます。皆さん「さくらジャパン」の応援をよろしくお願いします。

ソニーHC BRAVIA Ladiesから選出された代表監督と選手9名の皆さん

日本代表監督 永井 祐司さん

永井 祐司代表監督

チームは今年に入ってめきめきと力をつけ、それが試合の結果にも現れています。選手一人ひとりが、どの競合チームと戦ってもかなり良い内容のゲームができるという自信を持って臨んでいます。あとは、いかにオリンピックの舞台で普段の力を出し切れるか、そのために我々スタッフは準備を整え、最高の状態でリオへ入りたいと思っています。

国内での最終合宿(2週間)の後、7月26日にリオへ向けて出発。8月1日、2日、3日にはウォーミングマッチとしてニュージーランド、中国、韓国と練習試合を行い、8月7日にインドとの初戦を迎えることになります。

世界ランキング的に日本より格下のインドには、絶対に勝たなければならない試合だと思っています。まずはインドに勝って勢いをつけ、最低でも6チーム中4位以内に入り、クォーターファイナル(準々決勝)に進むことが最初の目標です。

日本代表キャプテン 中川 未由希さん あいさつ

中川 未由希選手

女子ホッケー界では4大会連続のオリンピック出場、私自身も4回目のオリンピックとなります。今回のチームは今まで以上に、チームワークを武器とした“日本のホッケー”の形を確立して来られたと思います。一戦一戦が接戦になると思いますが、厳しい戦いの中でも最後まで走りきって自分たちの強みが発揮できれば、必ず良い結果が出ると信じています。チーム一丸となって戦っていきますので、応援をよろしくお願いします。

当日の様子

会見当初は緊張した面持ちのメンバー

「最高の仲間と最高の結果を出せるように!」各選手から、オリンピックに向けた抱負が語られました

永井友里選手、永井葉月選手には「監督との、
親子ならではのエピソードは?」といった質問も

撮影セッション。たくさんのカメラに笑顔を向けるメンバー


選手・スタッフ紹介
選手紹介
スタッフ紹介