新着情報 What's New

HOME > 新着情報 一覧 >第65回 日本スポーツ賞「競技団体別最優秀賞」をBRAVIA Ladiesが受賞

2016年02月19日

第65回 日本スポーツ賞「競技団体別最優秀賞」をBRAVIA Ladiesが受賞

このたび、BRAVIA Ladiesが、読売新聞社主催による第65回 日本スポーツ賞「競技団体別最優秀賞」を受賞しました。
1月18日(月)に、ホテルニューオータニで開催された表彰式には、BRAVIA Ladiesを代表して深野 加弥選手と、チームの部長でもある執行役員/人事総務部門長の松久 功さんが出席。記念トロフィーと賞状を贈呈されました。

日本スポーツ賞1
日本スポーツ賞2

(写真提供:読売新聞社)

日本スポーツ賞「競技団体別最優秀賞」にあたり深野選手のコメント

深野選手

日頃より、BRAVIA Ladiesを応援していただきありがとうございます。
今回、4つの国内主要大会をすべて優勝し、第65回日本スポーツ賞「競技団体別最優秀賞」というすばらしい賞をいただきました。これも皆さまの力強い支えとあたたかいご声援のおかげと心から感謝いたします。

私たちは目標である四冠を達成するため、真の強さを追求し「勝つチーム」づくりをテーマに、日々、練習やトレーニングを重ねてきました。スタッフ、選手がチーム一丸となって戦い、多くの方々の声援により、無事、達成することができました!

今回の賞に恥じぬように、2年連続四冠達成を目標に今シーズンも全員でがんばっていきたいと思います。さらに今年はオリンピックイヤー。BRAVIA Ladiesには、ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」として活動している選手がたくさんいます。8月のリオデジャネイロで満開の桜の花を咲かせ、またBRAVIA Ladiesとして「離れていても心は一つ」という気持ちを大切にし、お互い同じ目標に向かって日々精進していきたいと思います。これからも皆さまのあたたかいご声援をよろしくお願いします。

日本スポーツ賞とは

日本スポーツ賞は昭和26年に読売新聞社が制定。毎年、日本スポーツ界において顕著な活躍をした選手またはチームを選出し、栄えの「日本スポーツ賞」受賞者を決定します。

2015年の大賞にはレスリングの伊調 馨選手、大賞に次ぐ特別賞には、体操の男子日本代表チームとラグビーフットボールワールドカップ日本代表が選出されるなど、名だたる選手や団体が受賞する権威ある賞です。

BRAVIA Ladiesは、2015年度の4冠達成と、ホッケー女子日本代表「さくらジャパン」に10名が選出され、リオデジャネイロオリンピックの出場権獲得に大きく貢献したことが認められ、「競技団体別最優秀賞」受賞となりました。「競技団体別最優秀賞」には、サッカー「ワールドカップ日本女子代表(なでしこジャパン)」も名を連ね、個人23名と、18団体に贈られました。


選手・スタッフ紹介
選手紹介
スタッフ紹介