メッセージ

HOME > メッセージ

監督からのメッセージ

ソニーHC BRAVIA Ladiesは、今年で37年目のシーズンを迎えます。会社、職場、地域のたくさんの皆さんに支えられ、長い間活動を継続させていただいています。

日々の練習を大切にすることで、個人やチームが一歩一歩成長し、昨年は全国大会通算61回の優勝を達成、すべての全国大会で史上最多優勝回数を誇るチームとなりました。

私たちはトップアスリートとしての自覚と、一人ひとりが自分たちのプレーにプライドを持ち、フェアプレーの精神をもって試合に取り組むことで多くの勝利を掴んできました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、世界トップレベルで通用する選手を育成し、BRAVIA Ladiesから一人でも多くオリンピックへ輩出できよう努力を続けます。

今年のチームスローガンは、“覚悟と挑戦”。過去の栄光にとらわれることなく、変化を恐れずに、覚悟を持って果敢にチャレンジを続ける一年とします。

特にホッケーの内容にもこだわり、“常識を覆す革新的なホッケーの創造”をめざすことで、必ずホッケーファンの皆さんが、一味違ったソニーホッケーに注目していただけると確信しています。

ホッケーを通じ、地域社会との交流を深め、スポーツ文化の輪を広げながら、輝かしい未来の創造に貢献し続けます。

ソニーHC BRAVIA Ladies
監督 永井 祐司
山本監督

主将からのメッセージ

2017年4月から、主将を務めさせていただくことになりました。よろしくお願いします。

今シーズンは“覚悟と挑戦”をチームスローガンに掲げました。一人ひとりがしっかり覚悟を決め、挑戦し続ける気持ちを持ち続け、昨年とは一味違う新生ソニーをお見せできるようチーム一丸となってがんばります!誰からも愛されるチームをめざし、応援団の皆さまと必ず四冠を勝ち取ります!今シーズンも熱い応援をよろしくお願いします。

ソニーHC BRAVIA Ladies
主将 No.6 阪口 真紀
阪口主将


選手・スタッフ紹介