メッセージ Message

HOME > メッセージ

監督からのメッセージ

東京2020オリンピックを翌年に控え、女子ホッケー日本代表「さくらジャパン」の強化活動にも一層の力が入ります。
今年も約200日の代表活動が計画され、その間、BRAVIA Ladiesからは相当数の主力選手が召集される見込みです。
これは日本女子ホッケーを支え続けてきたBRAVIA Ladiesの使命であり、そのような中でも、チーム単独としての目標を達成するため、我々の強みである勝者のメンタリティを更に熟成する一年としたいと思います。

選手一人ひとりには必ず役割があり、それぞれ求められていることは異なります。その中で個々が自ら考え、行動に移し、結果を残すことで確固たる自信が芽生え、どんな状況の中でもフレキシブルにチームへの献身的な行動ができる。そのようなチームであり続けたいと思います。
「自立した選手」「自律型能動的学習組織」の両輪を活動指針とし、チームとして心を一つに”全員攻撃全員守備”、ソニー伝統のハイスピードホッケーで、内容にもこだわりながら、最高の結果をめざし一年間戦って参ります。

ソニーHC BRAVIA Ladies
監督 永井 祐司
永井祐司監督

主将からのメッセージ

今シーズンは「不可能を可能に」をチームスローガンに掲げました。
四冠を達成するため一層のレベルアップを図り、チームの弱み、個々の弱みを克服して、一人ひとりがチームを想い、今までよりさらに強いチームをめざします。
強みを増やし、見ている方に夢や感動を与えられるチームになれるよう、全員で最高の結果を残したいと思います。
私たちと今年も一緒に戦ってください! 応援よろしくお願いします。

ソニーHC BRAVIA Ladies
主将 No.6 阪口 真紀
阪口主将


選手・スタッフ紹介
選手紹介
スタッフ紹介